読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【年間300冊】漫画ヲタクがおすすめする少女漫画

少女漫画に貢ぎ続けて早18年。本職は編集っぽいことをやっています。

【今宵もまやかしの美しさ、いただき】神風怪盗ジャンヌ(種村有菜)

レビュー

日下部まろんは一見普通の高校生。しかし夜の姿は絵画を盗む“怪盗ジャンヌ”だった。しかし彼女の真の目的は、絵画に宿る悪魔を回収し、神様に力を戻すこと。今宵も月の明かり参上…しかしそこには悪魔の使い“シンドバット”の姿が。シンドバットに悪魔を回収されると悪魔の力が増幅してしまうと天使のフィンに聞かされたまろんは、シンドバットと対峙していく。

 

煌びやかに輝くファンタジー設定

私が少女漫画にハマったきっかけの作品こそ、この『神風怪盗ジャンヌ』だった。綺麗で細かすぎる描写に一気に魅了された。そこから『神風怪盗ジャンヌ』にハマった当時の私は、種村先生のように絵が書きたくて作画集まで購入した。花びら1枚1枚までも丁寧に描く種村先生の細かさにはため息がでたことを今でも覚えている。

 

神風怪盗ジャンヌは、神の使いの怪盗という設定で変身シーンもある、最近の少女漫画ではあまり見かけなくなってしまったファンタジー物だ。当時は『カードキャプターさくら』や『怪盗セイントテール』なども流行っていたが、『神風怪盗ジャンヌ』は少し大人向けに描かれていた。小中学生が中心読者の『りぼん』にて掲載されていたが、大人でもハマっている人も多くいたと思う。

 

伏線が秀逸

ストーリーは、少女漫画特有の王道を進むことなく、親友の裏切り、引き裂かれる恋愛、予想だにしない展開など様々な伏線を残し展開していく。まろんと稚空の恋愛は切ないの一言で、とくに最終話が感動的なのでぜひ最終巻まで読んでほしい。そして何より、本当のまろんの運命が明かされる展開は読者をとにかく圧倒させる

また、作品は全7巻(単行本)だが、各巻ごとに強い印象を残すキャラクターが出てくるので捨て巻はないと断言できる。

 

「今宵もまやかしの美しさ、いただき」

主人公のまろんはいつも明るく元気に振る舞っているが、実は心の奥底では孤独を抱えている“弱い”女の子だ。しかしまろんは、いつでも“強く”あろうと怪盗ジャンヌに変身し、居場所を見つけようともがいていく。そのまろんの姿に自分を重ねみる人も多くいると思う。私もその1人だ。そんな少女漫画でありながら一種の心理本のような作品、それが『神風怪盗ジャンヌ』だ。

 

著者がおすすめする少女漫画ベスト100はこちら

girl-comic.hatenablog.com